宮古新電力株式会社

会社概要

代表挨拶

宮古市の「脱炭素化」「地域経済活性化」「安心・安全で快適なくらしの実現」に貢献します

宮古新電力株式会社は、岩手県宮古市における「スマートコミュニティ事業」の取り組みの1つとして、 2015年に設立された「再生可能エネルギーの地産地消」を推進する「地域新電力」事業会社です。

「スマートコミュニティ」のスマートとは「賢い」意味で、コミュニティは「地域社会」です。どのような「賢い」「地域社会」を実現するかといいますと、太陽光発電などの自然資源を活用した再生可能エネルギーを、情報通信技術を駆使しながら、“地産のエネルギー”を“地域内で賢く使う”ことを目指しています。

日本国内には資源が乏しい上に温室効果ガスを排出する化石燃料による火力発電や、大型の原子力発電に過度に頼るエネルギーではなく、地域に豊富に存在する太陽光、風力、バイオマスなどの自然資源を活用した、地球環境にやさしいエネルギーを地域内に増やし、地域内で賢く利用する生活を実現することで、地域内エネルギー供給率を高め、安心・安全で、快適なくらしにつなげていきたいと考えています。

2020年9月には「宮古市再生可能エネルギービジョン」が公表され、同年10月には日本国政府も「2050年カーボンニュートラル」宣言を出されました。脱炭素は、地域、国、地球レベルで必要な営みです。地域内で自然資源を活用した「再生可能エネルギー」を増やし、その地産エネルギーの利用に伴う対価を地域内に還元することで、「脱炭素化」とあわせて「地域経済活性化」を図り、豊かな街づくりに貢献していきたいと考えています。

宮古市内の「太陽・森・川・海」の恵みと、地域コミュニティの強い絆を活かしながら、「再生可能エネルギーの地産地消」を推進し、「脱炭素社会の実現」、「地域経済の活性化」、「安心・安全で快適なくらしの実現」に貢献できるよう努めてまいります。

代表取締役 老川 淳

 

基本情報

会社名 宮古新電力株式会社
資本金 4,424万円
代表者 代表取締役 老川 淳
本社 岩手県宮古市築地二丁目2番32号NTT東日本宮古ビル3F
出資者 NTTアノードエナジー株式会社
宮古市
設立日 2015年(平成27年)12月14日
事業開始日 2016年(平成28年)4月1日
実施事業 再生可能エネルギー電源を中心とした電力の売買

発電所紹介

miyako_hatuden_taro
田老発電所 1,980kW

宮古市田老向山64番1他

taro

 

miyako_hatuden2
津軽石発電所 1,320kW

宮古市津軽石第2地割地内37番1他23筆

tugaru

 

CO2排出係数

電気事業者別排出係数(特定排出者の温室効果ガス排出量算定用)

R3年度実績- R5.1.24環境省・経済産業省公表

調整後排出係数 0.000386(t-CO2/kWh)

 

約款一覧

【高圧】電力売買約款

【低圧】電力売買約款

 

電子公告

2023年3月貸借対照表

2022年3月貸借対照表

2021年3月貸借対照表

2020年3月貸借対照表

2019年3月貸借対照表

プライバシーポリシー

2023年10月2日改定プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

Copyright © 2024宮古新電力株式会社 All Rights Reserved.